初めての施術は緊張した

ついに初めての脱毛

さて、契約を終えた後はいよいよ施術です。やはり初めての施術ということもあって、今までで一番緊張しました。でも、どちらかというと不安のドキドキよりはこれからどんな風に脱毛するのか興味津々!といった気持ちのほうが強かったですね。

スタッフの人に案内されて、通された部屋はまた個室でした。でも個室といってもカーテンで仕切られた部屋で、ベッドと脱毛器具、洋服を入れるラックとハンガー掛けがあるぐらいのシンプルな部屋でした。カーテンの反対側にはまた他のベッドがあって、という感じだと思います。

ここで、脱毛しやすい格好に着替えます。私はワキのテスト照射からお願いしていたので、ワキがよく見えるキャミソールの上にタオルを巻いて、ベッドに寝て待ちました。しばらくするとノックがあり、脱毛担当のスタッフさんが入ってきてくれました。当然、何をどうしたらいいかわからない状態で、スタッフさんに言われるがままに右ワキを上に上げました。

施術の内容

最初に、ひんやりとしたジェルを塗ります。このジェルには保湿効果と、脱毛の際の痛みを軽減する効果、それと美肌効果があるって言ってたような。とにかく見知らぬ人と2人きりでこちらはワキを晒している状態です。丁寧に説明してくれたけれど、半分ぐらいは緊張で忘れてしまったというのは正直なところ。その後、照射する部分をマジックで印付けしてくれて、確認してからサングラスをしました。

最初は低いレベルからの照射のようで、痛みを確認しつつレベルを上げていきます。私は少しチクッとしたかなあ、程度で痛みは感じることがありませんでした。いつかすごく痛いのがくるのかな?と待っているところで右ワキ完了。あっという間でした。そのまま逆側のワキも同じように処理をして、両ワキで施術の説明込みで15分ぐらいだったと思います。

次はVIOラインの脱毛です。正直ワキよりも緊張しました。事前に渡された紙ショーツには履き替えていたのですが、あまりの緊張にスタッフさんも驚いていました。でも、こちらが気にならないように淡々と施術してくれたのが嬉しかったです。同じようにジェルを塗り、マジックで範囲を印付けしてもらってからVラインから施術開始です。ワキよりは痛みがありましたが、私の場合はVラインもそこまで痛くありませんでした。ただ、恥骨付近やIライン、Oラインはさすがに痛みを感じましたが、十分に冷やしながら行ってくれたので予想していたよりは痛くありませんでした。
VIOの脱毛ってとにかく痛いって聞いたいたものですから。施術完了後はたっぷり保湿してもらって、帰宅。初回の施術では勧誘など一切ありませんでした。しばらくすると毛が自然に抜けますとのことで、言われたとおり放置しました。